2024年4月16日
SEO アップデート

「ヘルプフルコンテンツアップデート」という言葉を耳にしたことはありますか?

ヘルプドキュメントやマニュアルなどのコンテンツを最新の状態に保つためのアップデートサービスで、これによって製品の新しい機能や更新された情報をすばやく確認することができます。本記事ではヘルプフルコンテンツアップデートに向けた具体的対応まで解説していきますので、今後のアップデートの際の参考にしてみてください!

ヘルプフルコンテンツアップデート(Helpful Content Update)とは?

「ヘルプフルコンテンツアップデート」は、Googleが提唱する「ユーザーファースト」を実現するためのアップデートサービスです。このアップデートは、ユーザーのニーズを優先して、サイト全体のコンテンツを見直すことを促しています。このアップデートにより、低品質なコンテンツが存在するサイトは評価が下がる可能性があるため、注意が必要です。現在は英語圏のGoogle検索にのみ適用されていますが、将来的には他の言語圏にも拡大する可能性があります。サイト全体のコンテンツ品質が高い場合は特に問題はないと考えられますが、そうでない場合は早めの対策が必要です。

ヘルプフルコンテンツアップデートの概要

Googleは、検索ユーザーが満足するように、Webサイトの運営者に対してコンテンツの質を向上するよう求めてきました。ヘルプフルコンテンツアップデートも同じ方向性で、ユーザーが満足する記事が検索順位の上位に表示されるようになります。しかし、このアップデートの特徴は、Googleから高い評価を得るだけの目的の記事が評価を下げられる点にあります。

基本的には、ユーザーファーストのコンテンツ作成をすることに変わりはありませんが、SEO対策のみに頼らず、常に一次情報を発信するようにすることが重要になるでしょう。今後のヘルプフルコンテンツアップデートの更新に伴い、過去のSEO対策が効かなくなる可能性もあるため、注意が必要です。

ヘルプフルコンテンツアップデートが行なわれる背景とは?

ヘルプフルコンテンツアップデートが行なわれるのにはどのような背景があるのでしょうか?

Googleプラットフォームのクオリティを高めるためと言われているこのアップデートですが、どのようにポジティブな影響があるのでしょうか?

検索上位記事を取り巻く現状とは?

Googleは「ユーザーファースト」を目指しており、ユーザーに有益でない、もしくは「ユーザーファースト」とかけ離れたコンテンツを嫌っています。しかし、実際には、それらのコンテンツが上位表示される現状があります。それらのコンテンツは、購入していない商品を推奨する記事や、使用していないサービスの紹介記事などです。これらの記事は、SNSなどで非難されることもあります。また、必要以上に多くの商品を紹介する記事も、ユーザーにとって有益ではありません。Googleは、検索エンジンのためだけに作られた記事を評価しないと言っていますが、実際にはそうではない現状があります。

そもそも検索順位とはどのように決まる?

検索順位は、Googleが使用するアルゴリズムによって決まります。このアルゴリズムは、検索ワードに対して、インデックスされたウェブページの評判や相関性、質などの要素を考慮し、検索結果をランク付けします。

Googleのアルゴリズムは非常に複雑で、評判や相関性、質などの要素を考慮し、検索結果をランク付けします。Googleは、検索結果をランク付けするために、200以上の要素を考慮しているとされています。

Googleのアルゴリズムは、常に進化しており、新しい要素を考慮することで、より質の高い検索結果を提供することを目的としています。そのため、検索順位は常に変化しています。

SEO(Search Engine Optimization)は、Googleのアルゴリズムに適した方法でサイトを構築し、検索順位を上げるための戦略・手法です。このSEO対策によって、Googleが「有益でない」としている記事も、実際には上位記事として浮上してしまう問題点があります。

Googleプラットフォームの今後の展望に大きく関わる

Googleは、検索エンジンや広告などのサービスを提供する大手テクノロジー企業であり、そのプラットフォームは、現在も非常に重要な役割を担っています。

Googleのプラットフォームは、検索エンジンや広告などのサービスを提供する大手テクノロジー企業であり、現在も非常に重要な役割を担っています。将来的にも、インターネットの利用が続いていくことから、検索エンジンや広告などのサービスは今後も重要な役割を担うことが期待されます。一方で有象無象の「有益でない」コンテンツがプラットフォーム上に溢れることは、今後の検索エンジンとしての立ち位置を揺るがす重要なポイントになると言えます。

Googleが目指す「ユーザーファースト」の目的とは異なり、役に立たないコンテンツが上位表示されることが続くと、ユーザーはGoogleから他のプラットフォームに移行する可能性があります。これはGoogleにとっては不利益であり、ユーザーからの利用料を受け取らず、広告の出稿料で収益を得るビジネスモデルを採用しているGoogleにとって、ユーザー数の減少は、利益にも大きな影響を与えます。Googleにとっては、満足できる検索結果を提供し、利用者数を維持することが重要なのです。

helpful content updateと低品質コンテンツはどういう関係にある?

「Helpful Content Update」は、Googleが検索結果の品質を改善するために、低品質のコンテンツを削除することを目的としているアップデートです。このアップデートは、大量に低品質のコンテンツを持っているサイトに対して負の影響を与える可能性があり、検索ランキングや可視性が低下する可能性があります。SEOの専門家はこのアップデートに注意を払うべきで、サイトのコンテンツの作成や維持に対するアプローチを変える必要がある可能性があります。現時点では、このアップデートは英語圏の検索結果にのみ適用されています。

helpful content updateの傾向とは?

「Helpful Content Update」は、低品質なコンテンツを削除し、検索結果の品質を向上させることを目的としたGoogleの更新であり、一部のサイトに対しては検索ランキングや可視性が低下する可能性があります。特に、歌詞のサイトや計算機能、着信音、辞書や文法サイト、取扱説明書などのコンテンツは、検索結果に大きな影響を与えることが多いと考えられます。これらのサイトは、他のサイトと同じ情報を提供しているだけで、広告が多く含まれているため、「付加価値のないコンテンツ」とされる可能性が高いです。サイト運営者は、情報を独自の視点で料理することで、ユニーク性を担保することが重要になるでしょう。ただ、具体的にはGoogleが「付加価値のないコンテンツ」を判断するためにどのような方法を使用しているのかは不明ですが、基本的には他のページとの重複率を見ているのではないかと考えられています。

helpful content updateの特徴と対策について

ヘルプフルコンテンツアップデートは、Googleの検索結果において低品質なコンテンツを削除し、高品質なコンテンツを表示することを目的としています。 このアップデートは、記事の構成やSEO対策に関して、再度見直す必要があるかもしれません。 SEO対策サービスを提供するIT企業は、検索トラフィックの獲得を意識した記事を作成していることが多いため、このアップデートがどのような影響を及ぼすのかに注目しています。しかしながら、このアップデートはGoogleの検索結果を評価する際の要素の一つだけであり、他にも多くの要素があることに注意が必要です。

今までの「検索エンジン対策」が変更され、上位記事が大きく順位を落とす可能性もある?

ヘルプフルコンテンツアップデートでは、最新のAIである「Classfier」が使用され、これによりWebサイトのコンテンツが「ユーザーにとって有用かどうか」や「信頼性や価値が高いかどうか」などで評価されます。これにより、以前はGoogleの検索エンジン対策に重きを置いていたコンテンツが、ユーザーにとっては有用でないと判断される可能性があり、検索順位が大きく落ちることもあるでしょう。また、AIは学習するためにフィードバックを受け取り、分類基準が調整されるため、今後の自社のWebサイトも有用性の低いと判断される可能性があることに注意する必要があります。

日本語対応がされる前に、SEO対策を続けるのはリスクがあるかもしれないので、ヘルプフルコンテンツアップデートの意図を考え、独自の解釈でサイトを構築することをおすすめします。

ヘルプフルコンテンツアップデートの日本での影響は?

ヘルプフルコンテンツアップデートは、GoogleアシスタントやGoogleホームデバイスなどで、質の高いコンテンツを提供することを目的としています。これにより、日本においても、より質の高いコンテンツが検索結果に表示される可能性が高くなります。

また、ヘルプフルコンテンツアップデートに対応したサイトは、GoogleアシスタントやGoogleホームデバイスなどで、特に音声検索を行う際に、優先的に検索結果に表示される可能性があります。

これにより、日本においても、ヘルプフルコンテンツアップデートに対応することで、より多くの人にアクセスされる可能性が高くなります。

日本でのアップデート実装はいつ頃になる?

Googleは英語圏以外でのヘルプフルコンテンツアップデートの時期について明言していませんが、英語圏で完了した後すぐに日本語圏にも実装される可能性は低いと考えられます。2021年に英語圏で開始した「商品レビューアップデート」が現在でも日本語圏では実施されていないことからも、ヘルプフルコンテンツアップデートも同様に日本語圏では1年半以上かかる可能性があります。しかし、実装まで待つだけでなく、常に自社サイトがユーザーにとって有益なコンテンツかを確認することが重要となりそうです。

ヘルプフルコンテンツアップデートに向けて具体的に取るべき対応とは?

ヘルプフルコンテンツアップデートに向けて、具体的にどのような対応を取るべきなのでしょうか?自社サイトや自分の運営しているWebページの検索順位が大きく変わってしまう可能性があるなか、付け焼き刃ではなく、本質的にどのようにコンテンツを見直していくと良いのでしょうか。

コンテンツ自体の見直し

以下のような対応をすることで、ヘルプフルコンテンツアップデートに対応することができます。

  • ヘルプフルコンテンツに適した形式でコンテンツを作成する。
  • コンテンツの文章には、質の高い情報を提供すること。
  • コンテンツには、FAQ形式や、知識グラフなどを使用すること。
  • コンテンツには、画像や動画などのメディアを含めること。
  • コンテンツには、スニペットタグなどを使用し、検索結果に表示される部分を制御すること。

また、上記の対策に加えて、SEOに基づいた対策も行うことで、検索結果に表示される確率が上がり、より多くの人にアクセスされる可能性が高くなります。

Webページ制作会社にコンテンツチェックの依頼をする

GoogleのアルゴリズムやAIは日々進化し、SEO対策も複雑化しています。自社スタッフでブログ更新をしている会社も今後はうまくいかない可能性があります。最新のSEOに深い知識がないと、自力で順位を回復するのは困難です。そのため、Webページ制作会社にアップデートを加味したSEO対策を依頼することで問題を解決することができるでしょう。費用はかかりますが、長期的に検索順位を維持する有効な手段ですので、一度検討することをお勧めします。

まとめ

ここまでヘルプフルコンテンツアップデートについて解説してきました。

Googleプラットフォームのクオリティ向上に繋がる変更である一方、自社サイトの記事の検索順位が大きく変わってしまう可能性もあり、このまま静観しているのは得策ではありません。変更のポイントと対応策について、今後の参考にしてみてください!