2023年1月30日

SSUCv3H4sIAAAAAAACA4VRwU7DMAz9FcvnioG49Yg0kJDQJjhOHNLU60zbpIrdbtPUf8fphuDGzc57fn5+uWDlhD2WF+SuG0WTU44By4cCqWaNiV2H5f1coKjTUUiMa513So2hS/8jsrvkdyzxaRQOJLJ65uCCJ7TxsTJgS3HoCOfiX+am+iKvgvNnga6h4M95sW1O1JFbfOwMao9Kqb+ZmrimeC3dWHMucYredYY/ZtN2YOzza5PccGCfeKKU+5rEW4FvLrWkHBpYoqDmDD6arUGBJfakiT1UzrdNimOo4ch6ACGFuDdiP4zmBkyKKAgsSwQG9hqt7uVKH5YMwNm40klhsjtjgr/538HawneV0dbbj4X6TqE2bQ7wun2BfUy95VegnnKKWNzivGrJqiYfs9REq1+3YrTY2t/O8/wNolStevkBAAA=

「サジェストキーワード」という言葉をご存知でしょうか?SEOに携わっている人の中には、耳にしたことがあるという人も多いかもしれません。サジェストキーワードは、SEO対策を行っていく上で、とても重要な役割を果たします。
ここでは、サジェストキーワードとはどういったものなのか、そして、サジェストキーワードを有効に活用する方法に焦点を当て、解説をしていきます。

サジェストキーワードとは?


サジェストキーワードの、サジェストという言葉の意味からまずは触れておきます。サジェストは、日本語に訳すと提案するという意味になります。何を提案するのかというと、ユーザーは、Googleなどの検索エンジンの検索窓でキーワードを打ち込み、検索を行います。キーワードを検索窓に打ち込んでいる間、関連した言葉が候補として表示されます。

この検索候補となるワードが、サジェストキーワードです。
サジェストキーワードに表示される言葉は、直近のユーザーの検索傾向やトレンドによって表示されます。

検索窓に入力している途中でサジェストキーワードが表示されることによって、ユーザーはすべてのキーワードを打ち込まなくても、検索したいキーワードをクリックすることで、すぐに調べたいことを検索することができるようになります。
また、ユーザーが使用する端末や地域によってもサジェストキーワードは変化します。

サジェストキーワードの活用法


ここからは、サジェストキーワードの活用方法についてみていきましょう。

検索ニーズの把握


サジェストキーワードを確認することで、ユーザーの興味や関心、知りたがっている内容をリサーチすることが可能です。
コンテンツを作成する際、メインのキーワードを決定した後、サジェストキーワードのチェックをしましょう。出てきたキーワードをベースにコンテンツを用意してあげることで、自社のコンテンツを見てもらえる可能性が高まります。

新たなキーワードの発掘


仮にキーワードの選定に悩んだときでも、サジェストキーワードのチェックは有効です。ユーザーの興味や関心を調査できるため、コンテンツの方向性を決めるのにも役立ちます。

これまでのコンテンツのリライトや追加対策


サジェストキーワードは日々変化していきます。一度作成したコンテンツを放置するのではなく、日々変わっていくサジェストキーワードを参考に、リライトを行ったり、追加で対策を行ったりするのも有効です。

まとめ


ここまで、サジェストキーワードとはどういったものなのか、そして活用する方法について解説を行ってきました。検索を行うユーザーにとって便利なサジェストキーワードですが、コンテンツを生み出す側にとっても、参考にすると効果的です。上手に活用し、しっかりとSEOに強いコンテンツを生み出していきましょう。