2023年1月30日
ECサイト
スマートフォンの普及も相まって、インターネットを活用してショッピングをする人も増えています。現代では、多くの企業が自社で展開する商品を販売するためにECサイトを構築・運営しています。そこで、多くのユーザーに自社の商品やサービスを知ってもらうために、ECサイトを運営では、SEO対策が欠かせません。ここでは、ECサイトにおけるSEO対策を行ううえで、押さえておくべきポイントについて解説をしていきます。

ECサイトでSEO対策を行ううえで押さえておくべきポイント


ECサイトはSEO対策を行うことで、ユーザーの流入数を増やすことが可能になります。ここでは、押さえておくべき4つのポイントについて解説をしていきます。

サイトのカテゴリやナビゲーションの再構築


多くのECサイトでは、商品を分類するカテゴリページが用意されていますが、この商品が一覧となっているカテゴリページは、検索エンジンに評価されやすく、SEOの流入の獲得がしやすくなります。

ナビゲーションについては、内部リンクがページの重要度をランク付けする役割を果たすため、リンクの削除・統合は慎重に行いましょう。

UXを踏まえたデザイン設計


UXとはユーザーエクスペリエンスのことを指し、これが優れていると検索順位が高い傾向にあります。ユーザーエクスペリエンスは、最適化によってSEO対策にもなるという点を理解しておきましょう。

サイトの表示速度の改善


サイトの表示速度は、ユーザーがサイト内を閲覧する際の快適度にも直結し、SEOに影響する要因の一つとなります。サイトの表示速度が遅いと、ユーザーは離脱してしまう確率が上がってしまうため、サイトの表示速度が遅いと感じられる場合は、表示速度を改善する必要があります。

商品詳細のページの充実


ECサイトのSEO対策で有効となるのが、商品詳細ページを充実させることです。商品詳細ページでは、ユーザーにとってどんな機能を持っている商品なのか、その商品を使うことでどんなメリットが得られるのかなど、画像やテキストなどを多用して構築します。ユーザーにとって価値があると認められれば、SEOにおいても高く評価を受けることができ、有益なコンテンツとして認識されます。

まとめ


ここまで、ECサイトのSEO対策の押さえておくべきポイントについて解説をしてきました。すでにECサイトを展開している企業は、ここで紹介したポイントがしっかりと押さえることができているか確認しましょう。ECサイトで商品を販売するためには、SEO対策が欠かせないので、多くのユーザーにサイトに来てもらえるよう戦略的に対策を講じていく必要があります。