2023年1月30日
YouTubeでSEOを行うにはどうすればいい?具体的な施策について解説

現代において動画コンテンツが注目され、多くの一般の人がYouTubeに投稿するといった風潮が生まれています。
YouTubeは日々大量の動画がアップされ続けており、配信を行っている人からすれば競合が多い状態が続いているのが実情です。
自身が運営しているYouTubeチャンネルを見てもらうためには、SEO施策が必要となります。
ここでは、YouTubeで行うべきSEO施策について解説をしていきます。

YouTubeで行うべきSEO施策

YouTubeで行うべきSEO施策について、動画についての施策とチャンネルについての施策に分けて解説をしていきます。

動画についての施策

動画についての施策については、次の施策が有効です。

・メタデータを記載する
動画の内容をGoogleに伝えるためには、テキストで補足することが有効です。
タグについては、関連動画として表示するのにも使われ、ハッシュタグはユーザーが検索する際にも活用されます。

・タイムスタンプ・チャプター機能を記載する
タイムスタンプとは、何分何秒にどのような内容について解説しているのか、目次のように一目でわかるようにした情報のことをいいます。チャプターとして動画が区切られるため、視聴者にとっても見たい場面へ簡単に飛ぶことが可能になります。

・カードを設定しておく
YouTubeのカードについてですが、設定した動画ページについて5秒間ポップアップで表示することができる機能です。
これを上手に活用できれば、自身がアップした他の動画も見てもらえる可能性が高まり、総再生時間を伸ばすことにつながっていきます。
カードは動画の画面の右上に表示されます。

・サムネイルの必勝パターンを習得する
サムネイルの完成度によって、クリック率が大きく変わります。必勝パターンが見つかればそれに沿ってサムネイルを作るだけでよくなります。A/Bテストを実施するなどして、どのようなサムネイルがクリック率を高めるのか検証してみましょう

チャンネルについての施策

次にチャンネルについての施策についてですが、やるべきことは次の5点です。

・概要欄を記載する
・動画の説明欄を記載する
・ヘッダーの画像を設定する
・ロゴを設定する
・再生リストを作っておく

これらを実施することで、しっかりと作り込んであるチャンネルだと認識してもらうことができます。
YouTubeチャンネルを立ち上げて本気で取り組みたい方は、最低限上記の施策は対応しておくようにしましょう。

まとめ

ここまでYouTubeのSEO施策について解説をしてきました。
YouTubeは近年多くの人が利用するようになり、動画をアップする人も急激に増えたことにより、競合が多いレッドオーシャンの状態となっています。
だからこそ、YouTubeという戦場で戦うためには、SEOに関する正しい知識を身につけ、ここで紹介した必要最低限押さえておくべきポイントを実践することが大切になります。
これからYouTubeに本気で取り組みたいという方は、是非ここで紹介したSEO施策について基本をしっかりと押さえ、対応していきましょう。