2023年1月30日
海外SEO

日本国内だけにとどまらず、海外も視野に入れグローバル展開を検討している企業にとって大切となるのが海外SEOです。海外SEO対策では、日本国内のSEO対策とは違った側面が多々あります。
ここでは、海外SEO対策の特徴について触れ、海外SEOで外国人の集客を可能にさせる戦略について解説をしていきます。



海外SEO対策の特徴とは?


海外SEO対策にはどういった特徴があるのでしょうか?日本の企業では、日本国内を主軸としてビジネスを展開している企業が大半ですが、なかには海外に目を向けている企業も少なからず存在します。
インターネットが普及した現代において、昔と比べ海外進出がしやすい環境が整っているのです。

海外SEOと日本におけるSEOではどのような違いがあるのかという点についてですが、対策方法は大きく違いはありませんが、国が違えば使われている検索エンジンも違います。

日本国内で主流となっているのは、GoogleとYahoo!ですが、海外SEO対策を検討している場合は、この部分を見直さなければなりません。

海外SEOが実現できれば、外国人を顧客にすることも可能になっていきます。



海外SEOで外国人の集客を可能にする戦略とは?


海外SEOで外国人を集客したい場合、適切な戦略をとることが大切になります。いくつかの戦略があるので、紹介していきます。



コンテンツの制作はネイティブが行う


コンテンツを制作する際は、ネイティブもしくは現地に詳しい人が携わるようにすることが大切です。外国では特有の文化や価値観などがあります。ただ言語が使えるからといって日本人がコンテンツを制作してしまうと、薄っぺらい内容になってしまいます。



言語ごとに独自ドメインを準備する


多言語に対応したサイトを作成する際は、言語別にドメインを使うようにしましょう。同じURL内に別の言語が混ざると、コンテンツの統一性がなくなってしまい、ユーザーが離脱してしまう恐れがあります。
ドメインを変更したり、サブディレクトリを変更したりするのが賢明です。



海外現地対応のサーバーを選択する


海外現地に対応しているサーバーを選んで運用するようにしましょう。日本のサーバーを使うと、海外からアクセスした場合、ブロックされてしまうことが懸念されます。
なかでもおすすめなのが、「AWS」で、どの国や地域でもアクセス可能です。



まとめ


ここまで海外SEO対策の特徴や海外SEOの戦略について触れました。日本国内でSEO対策を行う場合との違いについてご理解いただけたでしょうか?海外でビジネスを展開し、Webサイトを構築する場合、大きな障害となるのが言語です。いくら言語が堪能な日本人であったとしても、その国に精通していなければ、本質的に現地の外国人に支持されるサイトは作れません。現地の文化や価値観について理解のある、ネイティブな人材を登用することが大切です。