2023年1月30日
ロングテールSEO

ロングテールSEOという言葉をご存じでしょうか?近年SEO対策のなかでも、重要視されつつあり、SEOの効果が実感しやすい手法でもあります。ここでは、ロングテールSEOとはどういったものなのか、またロングテールSEOでアクセス数と売上アップにつなげる方法について解説をしていきます。


ロングテールSEOとは?


まず、ロングテールSEOとはどういったものなのか解説します。一般的にSEOでは特定のキーワードで上位表示を目指していきますが、ロングテールSEOでは、関連しているさまざまなキーワードを設定して検索結果でヒットさせ、購買行動を起こす可能性の高いユーザーの獲得を目指すSEOのことを指します。
アクセス数の少ないロングテールのキーワードを広範囲で狙っていくことで、検索でヒットさせます。



ロングテールSEOでアクセス数と売上アップさせる方法


ロングテールSEOの実践は至ってシンプルです。手順をしっかりと踏んでいけば、作って間もないサイトでも、最適化が可能になります。



キーワードの洗い出し


ロングテールSEOの成功のキモとなるのが、複合キーワードの選定です。メインキーワードと関連しているということは前提とし、ユーザーのニッチな検索ワードの選定が大切になります。

キーワードを選定する際のコツは、競合の少ない対策があまりされていないキーワードを狙うという点です。そうすることで効果が現れやすく、対策も幅広く行うことが可能になります。



上位表示されているサイトの参照


選定したキーワードで検索をしたときに、上位表示されているサイトを参照するようにしましょう。上位表示されているには必ず理由があります。検索しているユーザーがどんな情報を必要としているかもわかってくるため、しっかりと情報収集を行うことが大切です。



コンバージョンにつながるようコンテンツを制作


一般的にロングテールSEOは、コンバージョンにつながりやすいといわれています。ニッチな検索ワードで入ってきたユーザーは、自社の商品に元々興味がある場合が多いです。このようなユーザーの取りこぼしがないよう、サイト内を整備し、ユーザーに回遊してもらいやすいサイト作り、コンテンツ制作が重要となります。自社の商品の魅力がしっかりとユーザーに伝わるようにしましょう。



まとめ


ここまでロングテールSEOの基本的な知識から、アクセス数と売上アップにつながる方法について解説をしてきました。ロングテールSEOのやり方は非常にシンプルで、取り組みやすいSEO対策であるともいえます。コンバージョンにもつながりやすいため、自社の商品の売上アップを目指している人は、是非実践してみましょう。