2023年1月30日
Googleが推奨するSEO対策を実践しよう

SEO対策にはさまざまなやり方がありますが、闇雲に取り組んでも思うような成果がでないことがあります。検索の順位を決めているGoogleが公言している、Google推奨のSEO対策があります。
ここでは、Googleが推奨しているSEO対策についてまとめましたので、一つずつ紹介をしていきます。

Googleが推奨しているSEO対策とは?

ここでは、Googleが推奨しているSEO対策について紹介していきます。どの項目も重要なので、しっかりと押さえておきましょう。

最適なタイトルを設定する

Titleタグを使ってタイトルの設定を行います。ユーザー視点に立ち、すぐにページにどのようなことが書かれているのかが明確にされていれば、クリック率が向上につながります。最適なタイトルを設定することは、SEOの観点からも特に重要です。

メタディスクリプションの設定

メタディスクリプションとは、検索をおこなった際にタイトルの下に表示されるページの概要のことを指します。目的としては、ユーザー・検索エンジン共に、そのページの内容を理解してもらうために用いられます。
直接的にメタディスクリプションはSEOでは効果がないといわれていますが、間接的には効果があり、設定してあげることでユーザーが閲覧しクリックというアクションにつながっていきます。

見出しタグの設定を行う

見出しタグは、検索エンジンへどのようなページであるのか伝える役割があるため、適切に設定することが大切になります。
見出しには、記事のタイトルとなるh1から、h2の中見出し、h3の小見出しのように、階層になっています。見出しの数も多すぎると読みにくくなってしまうため、ユーザーに読んでもらいやすくするために、適切な数を設定するようにしましょう。

URLをわかりやすいものにする

URLは何でもよいというわけではありません。SEO対策の観点からも、URLも大きな要素となります。URLの表記についても検索エンジン側へ、サイトの内容を示す意味もあります。コツとしては、キーワードを盛り込んだり、カテゴリーの名称をいれたりすると整理しやすくなります。

モバイルフレンドリーを心がける

Google自身も、ユーザーがタブレットやスマートフォンで閲覧することを想定して、レスポンシブルデザインの導入を促しています。
PCでの検索よりも、スマートフォンから検索するユーザーが圧倒的に多いため、モバイルフレンドリーを意識することで、ユーザーの利便性は大きく向上していきます。モバイル端末でも読みやすい見栄えにしてあげることが重要です。

まとめ

ここまでGoogleが推奨しているSEO対策について解説をしてきました。ここで紹介した内容は基本的なことが多く、すぐに実践することが可能です。
SEO対策のキモとなるものばかりですので、是非Googleが推奨しているこれらのSEO対策を実践してみましょう。