2023年1月30日
海外SEO対策を行うメリットとは?コストについても解説

海外SEOとは、日本国内ではなく海外に住んでいる検索ユーザーに向けて、Webサイトを最適化させる取り組みのことを指します。別名多言語SEOともよばれ、Webサイトを外国の言語に翻訳し、検索エンジンに読み取ってもらいます。
ここでは、海外SEO対策を行うメリットから、必要なコストについて解説をしていきます。

海外SEO対策のメリットとは?

海外SEO対策にはどのようなメリットがあるのでしょうか?それぞれ解説していきます。

日本国内にいながらも海外に向けてマーケティング活動が行える

海外に向けてマーケティング活動やプロモーション活動を行うには、ターゲットとなる外国に存在するマーケティング代行会社を利用して展開するのが通常です。
一方でSEOでは、海外向けのWebサイトを作ることができれば、日本国内にいながらも海外に向けて施策を行うことが可能となります。

海外SEOが成功すれば、海外にわざわざいかなくても、日本国内で海外のユーザーに高く認知されます。

集客が安定的に可能になる

SEOでは、特定のキーワードに対して検索上位に表示されれば、長期的に順位をキープすることができるので、集客を安定的に行うことが可能になります。これは日本国内においても同じことがいえます。
SEO対策による検索結果の順位上昇は簡単には成果はでませんが、綿密に計画しトライアンドエラーを繰り返すことで徐々に効果が現れ、上位表示させることができれば、長期的に効果が持続していきます。

海外SEO対策を行う際にかかるコスト

海外SEO対策ではどの程度のコストがかかるのでしょうか?実際かかるのは、費用面よりも時間的なコストで、コンテンツ作りに関するノウハウや長期的な施策を行う期間が必要となります。

良質なコンテンツ作りのノウハウ

海外向けのWebサイトを作ってSEO対策を行うとなると、現地の言葉に精通し、ネイティブな人が読んだときに違和感のないようにしなければなりません。
日本人が軽く外国の言語を勉強し、Webサイトを作るというレベルでは到底通用することができません。
また、現地の人がどのようなキーワードで検索をしてくるのかもあらかじめ調査が必要となります。

長期的な施策を行う期間

SEO対策をしていく中で、コンテンツを作成した場合でも結果が確実に出るとは言い切れません。

そのため、競合のコンテンツを参考にしながら、検索するユーザーにとって価値のあるコンテンツがどんなものなのかを把握し、作成していく必要があります。

まとめ

ここまで、海外SEO対策を行うメリットから、必要なコストについて解説をしていきました。
海外SEOは、海外に行かず日本にいながらでもマーケティング活動ができる点で、大きなメリットがあります。
ただ注意したいのが、海外の言語に精通し、ネイティブレベルの言語でWebサイトを作らなければ、海外現地のユーザーからは信頼されません。
海外SEOを成功させるためには、さまざまな工夫や努力が必要となります。
綿密に計画を立て、どうすれば海外のユーザーからの検索で上位表示させることができるかを慎重に考えていく必要があります。